最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

火葬のみを行う「直葬」を選ぶ方が、近年では都市圏を中心として増えてきています。
その理由として、この数十年で大きく様変わりした生活基盤、そして宗教離れが影響しています。

もともと日本では圧倒的に仏式の葬儀が多く、今でもまだ仏式が中心です。
これは江戸時代、ほとんどすべての人が幕府によって寺院の檀家となることを義務付けられ、仏教徒であることを強いられたためです。当時はキリスト教が異端であり、キリシタンでないことを公的に証明するための方法として、こうした寺請制度が設けられていました。
これが潜在的に現在も続き、葬儀といえば仏式であるという図式につながっています。

しかし、現在はほとんどの日本人が宗教から離れています。
家柄は仏教徒でも、特別に信仰に篤いという人は珍しくなりました。今や、仏教を始めほとんどの宗教が、日本人には馴染みの薄い他国の文化のようになってしまったのです。
葬儀とはもともと宗教的な儀式の一貫でもあったため、宗教離れが進んだ今、その在り方が変化してくるのも当然といえます。
無宗教的な葬儀である直葬が行われるようになったことには、そういった背景があるのです。

また、村社会ではなくなり、都会で生活するようになったため、周辺住民とのつながりも希薄化してしまいました。
かつて葬儀は、集落全体で執り行うものであったため、火葬だけで済ませる直葬のような形では認められませんでした。
しかし現在は、故人の身内だけで葬儀を執り行うことが当たり前となったため、簡易的な直葬の形式も尊ばれるようになったのです。

お勧め情報サイト

予算に合わせたプランが豊富にあるから選択しやすいです。横浜で葬儀を依頼するなら、葬儀を全面的にサポートしてくれる専門業者に依頼をしましょう。

遺族の事を考えて行ってくれる葬儀は八王子で利用をすることが出来ます。費用やプラン内容などを吟味して最高の葬儀をとり行いましょう。
葬儀の種類の一つで、直葬というものをご存知でしょうか?家族だけの小さな式ですが、だからこそゆっくり故人との最後の時間を過ごすことが出来るオススメの葬儀です。